イオン液体先端課題研究会 - イオン液体学の構築を目指して -
Vol. 1. 電気化学応用への挑戦と課題

【お知らせ】
2022年07月07日 参加申し込み開始
2022年07月07日 イオン液体先端課題研究会HPオープン
【趣旨】
「イオン液体」が Wilkes らにより報告されておよそ 30 年、分子レベルでの基礎理解から地球規模の問題解決までを対象とした研究が、イオン液体をキーワードに行われてまいりました。新物質・新材料の発見や計測・計算技術の進展によりイオン液体のカバーする分野は拡大の一途をたどり、30 年前には想定もされなかった課題が抽出されております。この先端的課題について若手研究者が大いに議論し、ひいては「イオン液体学」の構築に結びつくようにと、本研究会を企画いたしました。 シリーズ第1回は、電気化学分野に着目し、第一線で活躍されている若手研究者の方々に最新のご研究を紹介いただきます。通常の質疑応答に加えまして、複数の講師と参加者とが総括的に議論する「ディスカッションセッション」のコーナーもございます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
【日 時】
2022 年 8 月 29 日(月)13:30-17:20
【会 場】
オンライン開催(Zoom)
【主 催】
イオン液体研究会・イオン液体研究会若手の会
【参加費】
会員(正会員・賛助会員): 無料

学生(会員・非会員問わず):無料

非会員(学生除く):4,000円 (*2022 年度のイオン液体研究会正会員資格が付帯します。2022 年度に開催される研究会ならび に討論会に正会員として参加申し込みが可能です。振込方法については、下記参加申込ページまたは申込後に送られるメールをご参照ください。)
【申込方法】
参加申し込みフォーム     よりお申し込み下さい。

・参加登録いただいた方に、8 月 26 日(金)を目処にZoom会議ID等必要な情報をメールでお知らせします。
【申込期限】
2022 年 8 月 20 日(土)
【連絡先】
イオン液体先端課題研究会事務局  advissues1ilra.jp
【Program】
※ イオン液体先端課題研究会 Vol. 1. 電気化学応用への挑戦と課題 ※ 2022年8月29日(月)
13:25 開会挨拶 本林 健太 (名古屋工業大学)
13:35 西 直哉 (京都大学)
「イオン液体と誘電体との間のソフト界面を電気化学的に使って」
14:05 岩橋 崇 (東京工業大学)
「和周波発生振動分光で見たイオン液体の電気化学界面構造」
14:35 芹澤 信幸 (慶應義塾大学)
「イオン液体中における電気化学反応と物質移動 - 高い粘性率を活かした電気化学プロセス -」
15:05 ディスカッションセッション 1
15:20 休憩
15:30 山本 貴之 (京都大学)
「イオン液体中の電極電位から考える二次電池の開発」
16:00 多々良 涼一 (東京理科大学)
「イオン液体とカリウムイオン電池 + α
16:30 万代 俊彦 (物質・材料研究機構)
「構造解析に基づく電解液設計:イオン液体の媒体としての優位性」(仮題)
17:00 ディスカッションセッション 2
17:15 閉会挨拶  大内 幸雄 (東京工業大学)
※プログラムは一部変更になる可能性があります。